2021/06/22(火)ドラレコの室内カメラを調整する

 3カメラ独立式のミラー型ドラレコは、当初の思惑が外れて使い勝手がよくありません。室内カメラがデフォルトで起動時の画面に指定できないのと、露出が車内に合って窓の外が白トビぎみです。左右の窓から車外を確認するのが目的でしたが、かなり見づらいのが難点です。

 販売社に問い合わせたところ「カメラを下向きにしたらどうか?」との頼りない返事でした。カメラの視界の上部にリアウインドウがくるように、すでにしっかり下向きです。ここは自分で解決するしかなさそうです。無い知恵絞って、あれこれ検討してみました。

 まず、 ND フィルターで画面全体を暗くするのは、自動補正で元の明るさに戻されてしまうので NG です。窓にスモークフィルムを貼るのは、一見よさそうに思えますが、窓からの光が減って車内が暗くなるから効果は半減しそうです。ないよりマシの世界ですね。

 そこでカメラの視界に明るい部分を作り、全体の露出を抑える手を考えました。販売社の「カメラを下向きに…」という言い分は、たぶんこの効果を期待してのことだと推察します。一般的に、室内カメラの下方(前席部分)はフロントガラスからの光で明るくなっています。

 カメラの上か下に白い紙を当てて、それを映り込ませる手を思いつきました。超広角といってもレンズの周りを赤外線 LED の分厚いリングが囲んでいます。実際にやってみると、かなり突き出た形にしないと映り込むところまでいきませんでした。あきらかに邪魔です。

 そこでハイルーフの天井部分に銀シートを垂らして、その反射光を映し込むことにしました。ミラー型のモニターは横長だから、上下はカメラの視界の一部しか表示されません。上部の銀シート部分はモニターに表示しないようにすればいいことです。

銀シートで明るさのバランスを調整してみた
[銀シートで明るさのバランスを調整してみた]

 あれこれやってみて、少し改善できました。後部座席のカバーを白っぽいのにするなど、車内をなるべく明るくするよう工夫すれば、もう少し外が見やすくなると思います。

 室内カメラは、暗いときは赤外線 LED が点灯してモノクロ画面に切り替わります。赤外線 LED は室内を照らすのが目的だから、黒テープを貼って赤外光を遮断しました。こちらが見たいのは窓の外の状況です。車内の様子じゃありません。

2021/06/14(月)ジャンボ系ニンニクを掘りあげた

 今年は梅雨入りが早かったので、ジャンボニンニクをいつ収穫するか気をもんでました。このところ中休みで晴天が続き、この機を逃さず掘りあげました。日一日と葉が枯れていく様子を見ながらの収穫です。

 今回は発芽がそろわず、不作となりました。例年通り9月下旬に植え付けたのに、最後に発芽した株は冬になってからでした。いくら暖冬だったとはいえ、この遅れを取り戻すことはやはり無理でした。

 植えたのはエレファントガーリックとジャンボ無臭ニンニクです。うちでは一括りにジャンボ系ニンニクと呼んでいます。無臭ニンニクは掌サイズ。エレファントガーリックは掌からはみ出すくらい大きくなります。

 それが今年は、まともに育ったのは数個だけで、ほとんどが鱗片に分球してない「一球もの」です。分球しない株はたいてい抽苔しないから、おおよそ結果は予想してましたが、それにしても情けない結果です。

エレファントガーリックの来年用の種球
[エレファントガーリックの来年用の種球]

 大きな鱗茎と大きめの一球ものは、来年用の種球として温存するつもりです。去年は種球の管理を怠って乾燥させ過ぎたのが発芽不良の原因のようです。今年はいったん乾燥が済んだら新聞紙に包み、冷蔵庫で保存する予定です。(今年もまた植えるのかい)

無臭ニンニクで一番大きな鱗茎は実はエレファントか?
[無臭ニンニクで一番大きな鱗茎は実はエレファントか?]

 今年収穫した中で一番大きく育った株は、ジャンボ無臭ニンニクの畝でした。いくらジャンボとはいえこんなに大きくなるはずはないから、たぶんエレファントガーリックの種球が紛れ込んだのではないかと推察します。

 今年は「エレファント」「無臭」「その他不明」の3つに分けようかと考えています。その他不明は収穫したら食べちゃうとして、確実に品種が特定できたものを植え付けるようにすれば、いずれ紛れは解消できるでしょう。(やっぱり植えるのね)

2021/06/09(水)荷台のフルフラット化を考える

 エブリィに乗るのは自分一人しかいないので、後部座席はあってもなくてもいいように思いますが、年に1度くらいは後ろに人を乗せることがあります。前に乗ってたスペーシアみたいに、左右の座席が個別に畳めるのがよさげです。

 そんな思いから、貨物車でも後部座席が左右分離式のジョインタイプにしました。座席のバリエーションがあるのはやはり便利です。その代わり、後部座席を畳んだ時に荷台が完全にフルフラットにならないのが難点です。段差があるし、前方が 10cm ほど高くて傾斜してます。

 それを真っ平らにしようと、ベニヤ板やコンパネで荷台を葺き直す人がいるみたいです。設計者がせっかく前の型式より 40Kg も軽量化してくれたのに、それをフイにするのは面白くありません。重たい木製の自作ベッドなど論外です。

「da17v 車中泊 自作」の検索結果
[「da17v 車中泊 自作」の検索結果]

 前席と後部座席を後ろに倒せば、疑似的なフラットシートになるのがジョインタイプの特徴です。座るためのシートだから、フルフラットと言ってもデコボコしてます。それが気に入らないからと、全部畳んでコンパネを敷く……。もうちょっと知恵を絞ってもいいのでは?

ジョインのシート構成
[エブリィ JOIN のシート構成]

 ベニヤ板やコンパネで荷台を平面化するのはやめました。メーカーが設計した座席を使う疑似的なフラットシートに手を加えて、一人分のベッドスペースを確保することにします。マットやクッションをいくつか追加すればできるでしょう。

 キャンプ場や道の駅などで車中泊する人が増えているそうですが、自分にそういう趣味はないから休憩か昼寝で横になれれば十分です。あとは災害時などいざというときに車で寝泊まりできる安心感ですかね。テントよりは居心地がよさそうです。
OK キャンセル 確認 その他