2020/10/22(木)チルドや氷温冷蔵ができる冷凍庫

 買い増しを検討していた冷凍庫は、マイナス2℃の氷温冷蔵ができる機種にしました。用途はニンニクの長期保存です。ホワイト6片種の長期保存温度はマイナス 2.5 ℃だそうです。マイナス3℃以下だと低温障害が起きるというから、下限はマイナス2℃くらいが無難かもしれません。たぶんジャンボ系も似たようなもんでしょう。(と、勝手に解釈)

 届いた冷凍庫(MAXZEN 98L)をテストしてみたところ、あてにしていたマイナス2℃の氷温冷蔵はできませんでした。温度調節ダイアルを回すと、「微冷凍」の位置にクリック感のある引っ掛かりがあって、どうやら冷凍と冷蔵をこの位置で切り替えてるみたいです。マイナス 14.5 ℃以下にするかプラス 2.7 ℃以上にするか、どちらかです(室温 26 ℃時に計測)。

 広告では「6段階の冷却モード」とか「微冷凍-10℃~-2℃」「冷蔵-2~4℃以下」と表示しながら氷温冷蔵ができないなんて… 人をバカにしてるわ。たぶん交換品を送ってもらったところで結果は同じでしょう。交換せずに返金してもらうことにしました。(こういうの私はキライ)

 氷温冷蔵で使いたいのならハッキリと「三温度帯」を謳う冷凍庫にするべきでした。レマコムというメーカーから三温度帯冷凍ストッカーで 100L タイプが出ています。「チルド -5~0℃」のあたりに設定すればマイナス2℃前後の氷温冷蔵に調整できそうです。価格的には2万円ちょっと。1割ほど高めです。実用例では、日本酒を一升瓶ごと保冷するのにちょうどいいと愛好家に重宝されているとか。

 この機種にしなかったのは、家電製品ではなくて「業務用」だからです。廃棄するときは、家電リサイクル法の対象ではないため産業廃棄物の扱いとなります。産廃業者に直接持ち込めば1万円前後の処理費用で済みそうですが、産業廃棄物はそこまで運ぶのに産廃運搬業者の資格が必要です。一般消費者が運ぶと法令違反になります。かといって出張引取だとえらい高いものにつきます。(買う値段よりも高そう)

 DC12/24V で動く車載用の冷凍庫も検討してみました。冷凍と冷蔵を切替えられるタイプのほかに無段階で温度調節できるのもあります。将来的に太陽光発電を採り入れたとき、AC100V に変換しなくても使えるなど、融通が利くのも魅力です。

 問題は容量が小さいことと価格的に割高なことです。コスパがよいもので容量が半分なのに値段は2倍… つまり4倍ほど高くなります。性能もピンキリで、たまのレジャーに使う前提で長期の連続運転に耐えないものや、電源が切れた時の保温性に欠けるものなど、批判的なレビューが目立ちます。

 かくしてサブ冷凍庫の選定は振出しに戻る結果となりました。作動テスト中にウチの冷凍庫の霜取りをちゃっかり済ませておいたし、ニンニクの収穫は来年だから、しばらく出番はなさそうです。その間にじっくり再検討したいと思います。

2020/09/24(木)冷蔵庫にもなる上蓋式冷凍庫

 我が家には冷凍食品を保存するための専用の冷凍庫があります。家内が生協の宅配サービスを始めるときに購入しました。前蓋式で4段の引出状プラボックスに分けて保管します。家内が亡くなった後もそのまま使い続けています。

 保管する場所があるとついつい余分に買ってしまい、いつも満杯状態です。かくして長期保存がきくはずの冷凍食品の賞味期限に追われる生活を送っています。梅雨の長雨でしっかり霜がついて、プラボックスが引き出せなくなったり、扉が完全に閉まらなかったりと、不都合が生じています。

 この前は半ドアになっているのをうっかり見落として、中の冷凍食品が危うく全滅するところでした。もう霜取りするっきゃありません。説明書には電源を切ってドアを開けた状態で霜取りすると書いてあります。要するに自然に溶けるのを待てと…

 食品は冷凍冷蔵庫の冷凍室に移すように…となっていますが、そんな空きスペースなどあるわけがありません。仮に冷蔵庫の冷凍室が空っぽでも専用冷凍庫のほうが容量が大きいから、現状では物理的に無理ですね。

 そこで冷凍庫をもう1台買って、そこに冷凍食品を移して霜取りすることを考えました。でも霜取りのためだけに買い増しするのは不経済です。大型の保冷ケースや発泡スチロールのトロ箱など、あれこれ検討しましたが、単価が安くても数が要るからそこそこの出費になります。やっぱり1台買い増しするしかないと心に決めました。

 霜取りが終わった後で、予備をそのまま使い続けたのでは、冷凍食品の山に埋もれて恐ろしいことになります。普段は冷凍庫としては使いません。では何に使うかというと、電源を入れずに常温の保管庫として使うか、臨時の冷蔵庫として使う予定です。冷蔵の領域まで温度を上げられる機種がいくつかあります。

 ずいぶん前からハイアールで冷蔵庫にもなる機種が出ているのは知っています。スイッチで冷凍と冷蔵を切り替えられるタイプです。最近では冷凍から冷蔵までダイアル式で温度調節できるタイプが他社から発売されています。メーカーによって選べる冷蔵温度が微妙に異なります。

 価格的には、直冷式でよければ上蓋タイプの 100L クラスで2万円前後です。霜取りで年に数回出動するだけならもったいない気がしますが、臨時の冷蔵庫として使えれば出番はありそうです。日本酒の一升瓶も入るしね。

2020/09/13(日)LANの謎、桶屋は儲からなかった

 無事復活して喜んでいた自作 IP カメラが、10 日ほどでまた映らなくなりました。NVR の検索では全くヒットしないし、PC のブラウザからもアクセスできません。

 IP アドレスは変わっていないみたいです。arp コマンドの一覧にちゃんと表示されていて、ping コマンドも通ります。ただし、反応時間に乱れが見受けられます。たまにオール 2ms のときもあるけど、ほとんどが 2ms~8ms とバラバラです。かなり不安定のようです。

 LAN 接続機器を一覧表示するアプリ TWSMNP で見ると、確かに同一 LAN 上に存在しているのがわかります。状態が「軽症」「正常」「保護」と変わるので、どこかに問題があることは間違いないでしょう。

 念のためにルーターの再起動や LAN ケーブルとハブの入れ替え、PoE モジュールの交換など、定番の作業は一通り試してみました。いずれも改善にはつながりませんでした。他の NVR でも試してみましたが、検索結果に反映されません。カメラモジュールに原因があるようです。

自作の IP カメラ
[レンズ基部のモジュールが不安定?]

 仮にもう一度復活したとしても、設置した後でまたトラブルを起こしたら取外すだけで大変です。安定動作が命の防犯カメラに使うのは、やめたほうがよさそうです。とりあえずこのカメラモジュールは外すことにしました。SONY の CMOS 使用といっても中国製の格安モジュールです。(でも千数百円の損失は痛いなぁ)

 風が吹くと桶屋が儲かる…と言います。一旦は復活して儲かったように見えても、最終的には儲からなかったみたいです。風は吹いたんだけどね。
OK キャンセル 確認 その他