2021/01/23(土)2日間ブログが停止したワケは?

 ひょんなことから2日間もこのブログがハングしてしまい、あれこれやって先ほどやっと復活しました。その間にアクセスしてくれた人は、500 サーバーエラーでさぞかし困惑されたと思います。(ごめんちゃい)

 ことの発端はサイトの SSL 化です。知り合いのサイトが SSL 化されてなかったので、やり方を伝授したのですが、一抹の不安があって先に自分のサイトで試してみることにしました。俗に言う「人柱に立つ」というやつです。

 あまり利用されていないサイトでやればよかったのに、こともあろうにこのブログで試したのが運の尽きでした。(ここもあまり利用されてないって? ほっといてちょうだい)

 SSL の導入には認証機関から証明書を購入してサーバーに登録する方法が一般的です。個人向けなら年間千円くらいからあります。今回は、利用しているレンタルサーバーに無料の SSL があったので、それを利用しました。

 設定は、サーバーのコントロールパネルからドメインの「証明」欄を変更するだけです。比較的簡単な作業です。数十分から数時間で繁栄されます。試しにブラウザで https://~と打ち込んで、そのページが表示されれば反映された証拠です。

 ただし、このままでは https:// でもアクセスできるだけの状態です。http:// でアクセスしてきたのを https:// に誘導するには、.htaccess というファイルを作ってサーバーに上げないといけません。

 この時点でエラーが発生しました。既存の .htaccess ファイルに追記したのがうまくいってなかったのかもしれません。一旦削除してから直接アクセスしたらブログ画面が表示されました。にらんだ通りやっぱり .htaccess ファイルだわ。(やれやれ)

 ところが、ログインしようとしてエラーになった途端に、そのあと何をやってもエラーになります。.htaccess なしだと 404 エラー、ありだと 500 エラーです。.htaccess の中身、文字コード、改行コード、パーミッションなど、一通りチェックしたのですが、一向に解決しません。

 フォルダのパーミッションも合ってます。万策尽き果てたところで、ふと .cgi ファイルのパーミッションをチェックしてみました。なんと実行属性が外れてるじゃございませんか。原因はこれですね。

 かくして、無事にこの記事をアップすることができました。何につけても思い込みはいけません。理詰めでひとつひとつチェックしないとね。.htaccess にこだわった私がバカでした。(深く反省)

2021/01/10(日)年賀状に見るGoToトラベルの功罪

 新年になっても新型コロナの感染は下火になりませんね。下火どころか全国的に記録更新の連続です。緊急事態宣言で規制を強化したところで、飲食業中心に絞った対策では感染拡大を止めるのは難しいとの見方が広がっています。

 感染症を抑えるためには人の往来や接触を控えるのがいちばんです。いまのところこれ以上の特効薬はなさそうです。でも、それでは経済活動が止まってしまい、感染以外の原因で路頭に迷ったり亡くなったりする人が続出する可能性があります。

 人との接触を減らしながら経済活動を止めないという二律背反の目標をどう達成するか? ワクチンの普及や免疫を獲得した人の国民的拡大がなければ、コロナ禍より前の経済状態に戻ることは不可能な気がします。

 第1波がまだ完全に収束しない時点で、前のめり的に緊急非常事態宣言を解除し、税金を投入して GoTo 事業を(これまた前のめり的に)推進した政府の施策は、拙速とのそしりを免れないと思います。(天災じゃなくて人災だわ)

 緊急事態宣言が解除されたら、旅行に行きたい人は行けばいいし、外食したい人はすればいいでしょう。しかし、なにも税金を投入してまで人の往来や接触を推進する必要はなかったのでは? 今年の年賀状にその実態が見てとれます。

 ある知人は GoTo トラベルを利用して全国の離島めぐりをした様子を賀状びっしりに披露していました。北海道から九州まで、なんと 15 もの離島を毎週のように GoTo で旅行したそうです。あるフライトの乗客は自分たち二人だけだったとか。

 プライベートジェットだ、なんてはしゃいでる場合じゃないでしょ。グレタのおネエちゃんが聞いたらなんと言うか…… 「そんなに離島へ行きたきゃヨットにしてちょうだい」とでも言うのかしら。

 本人に悪びれた様子はありません。三蜜を避けるために離島を選んだとか、旅行者が少なくて安心だとか、賢明な選択をしたと言いたげです。国の施策に協力したんだから、他からとやかく言われる筋合いはない、ということでしょう。

 年賀状を書いてるときは、まさかこんな状況になるとは思ってもみなかったんだと推察します。いまごろきっと「黙ってりゃよかった」と後悔しているかもね。「後悔先に立たず」です。

 ほかにも「GoTo で旅行に行ってきた」という記述をいくつか見かけました。旅行好きの人は GoTo を利用しないわけにはいかないんでしょうね。万難を排してでも旅行に行っちゃう。GoTo がなければ我慢したでしょうに…

 国の施策に協力しただけだから委縮する必要はないし、罪の意識に苛まれることもありません。利用した人に落ち度はないわけです。(だから愚策なんだわ!)

2020/12/28(月)ジャンボニンニクの発芽に3ヵ月

 9月下旬に植え付けたジャンボ系ニンニクは発芽がそろわずヤキモキしてましたが、足掛け3ヵ月かかって最後の一株がようやく芽を出しました。成長の度合いはもうバラバラです。果たして収穫時期はどうなりますやら。

ジャンボニンニク

 写真の矢印は最初に発芽した株です。10 月上旬に芽を出しましたが、葉っぱが枯れかけています。まさかもう収穫時期ではないと思いますがねぇ。この先どうなるか、観察したいと思います。

 実はこの株は植え付けた鱗片ではなく、掘り残した木子から発芽したと思われます。鱗片はサイコロの五の目で等間隔で植え付けたから、芽が出る位置は決まってます。この株は少しズレてるし、定位置からはちゃんと芽が出てきたので、まず間違いないでしょう。このあたりは木子と思しき芽がいくつか出ています。

 手前の畝はジャンボ無臭ニンニク、奥の畝二つはエレファントガーリックです。真ん中の畝は鱗片が小ぶりだったので植え付け間隔が詰まっています。というか、狭い場所に無理やり詰め込んだ感じです。これに木子の発芽が加わって過密状態です。

 去年は比較的発芽時期が揃ったのに、こんなにバラバラでは先が思いやられます。来年無事に収穫出来たら、次回は種球の管理をきちんとしないといけませんね。
OK キャンセル 確認 その他