2019/11/02(土)屋外の防犯ライトを検討する_6

 わが家の外構に防犯ライトを追加する計画を進めていて、抜けている点に気づきました。いくら表側(道路側)を明るくしても、裏側の庭は真っ暗です。裏庭は間知石を積んだ擁壁の上に位置します。庭から裏隣の2階のベランダが見下ろせるくらいの高さです。

 擁壁の上にさらにブロックの土留めとフェンスがあるから侵入しにくいように見えますが、擁壁の上は人が通れる幅の通路状になっていて、ここからなら比較的簡単にフェンスを越えられます。賊が侵入するとすれば、このルートですね。(ノラ猫がいつもしているように、私が泥棒ならここを狙う)

 そこで、裏庭の防犯灯をどうするか、検討してみました。常時明るくしておくか、それとも侵入されたときに人感センサーで照明するか、どちらがいいんでしょう。電気代の問題もあるし、センサーライトを設置するのが得策のように思いますが…

 ただし、センサーライトは実際に侵入されたときしか点きません。それ以前に防止する手立てはないものでしょうか? 回転灯や防犯灯など遠方からでも目立つサインをするのも手段のひとつです。あの家は用心しているな…と思わせるのは防犯の基本です。泥棒をいきなりビックリさせるのが目的じゃないからね。

防犯に使える赤色灯
[自転車のテールランプから回転灯までいろいろある]

 裏庭の防犯は、警告灯とセンサーライトの組み合わせでいくのが賢明のようです。遠目に赤色灯などの警告灯が見えていれば、大抵の泥棒は用心して侵入を諦めるはずです。それでも侵入してくる賊には、センサーライトで威嚇して撃退します。屋外の照明のほかに、室内のライトを時間差で点灯させるシステムを検討中です。(これが難しそう)

 もうひとつの選択肢として、常夜灯の設置があります。一晩中、点けっぱなしだから電気代は掛かりますが、防犯効果は抜群です。防犯カメラは、近距離しか照らさない赤外線 LED のモノクロ画像よりも、きちんと照明されたカラー画像のほうが臨場感があります。ここは奮発して、裏庭にも常夜灯を設置しますか。

 ここで問題になるのが電源をどうするかです。AC100V の防雨コンセントは2ヵ所あります。悩むのは、LED ライトの電圧を AC100V にするか DC12V にするかです。裏庭は広い(駐車場の数倍ある)から、ライト1灯ではとてもカバーできません。全体の光量も必要です。100V 仕様なら1灯あたり 7W 以上は確保できます。

 一方、DC12V だと 3W か、せいぜい 5W です。明るさでは劣るものの、電気代を考慮して省エネでいくなら 12V に軍配があがります。将来、太陽光発電を始めた時に電源として使えるしね。(また夢みたいなこと言ってる)

 あーでもない、こーでもないと、考えてるうちが花なんだわね。実際に設置してしまったら、あとはほったらかしです。でも、その前に泥棒に入られたら文字通り「泥縄」になってしまいます。なるべく早く設置するのがよろしいようで…

2019/10/29(火)屋外の防犯ライトを検討する_5

 駐車場の奥のほうを照らしていた LED ライトを分離して、12V から 9V に電圧を下げました。その下の 7.5V は暗すぎて実用になりません。これで道路側の街路灯とほぼ同じ明るさになりました。青みがかった街路灯と、黄みがかった駐車場の LED ライトと… 色のコントラストが実にいい感じです。(感じより防犯だよ!防犯!)

 玄関の門扉を照らすライトには、無段階調光できる電源部を充てました。道路側を照らすライトもつながってます。AC100V 電源のそばに使っていないプルボックスがあったので、防雨機能のないパーツをその中に押し込みました。

使ってないプルボックスを利用
[現在使っているのは右のメーターだけ。プルボックスと左のメーターボックスは空き]

 防犯が目当てだから 12V のままでもいいけど、わが家だけ煌々としてるとご近所から浮きます。ボリューム式のノブを回して、控え目モードにしておきました。馴染んだ頃に少しずつ明るくしていく作戦です。(なにが作戦だい!根性なし!)

 道路側に1灯向けただけで、防犯カメラの映像に変化が出ました。あと1灯余ってるから、追加しますか。駐車場の1灯を分離したおかげで、延長コードも1本余ってます。(どこに付けようかな)

 あまりカメラ寄りを照らすと、ピントがそちらに移動して遠景がボケます。オートフォーカスも良し悪しですね。赤外線 LED のモノクロモードみたいに、遠景ボケボケに逆戻りは御免です。ピント調整がマニュアル式の PTZ 機もあるようですが、そのために買い替えるのはバカバカしいし…

 わが家の防犯対策に刺激されて、お向かいが門灯を付けてくれるとありがたいけど、就寝時に玄関灯を消してるようじゃ期待薄です。ここは孤軍奮闘するしかなさそうです。ご近所さんに「もうちょっと明るいといいね」なんて言われたら、控え目モードをやめて、もう全開だわ。

2019/10/27(日)屋外の防犯ライトを検討する_4

 防犯ライトの電圧を下げるには二つのタイプがあります。3~12V をフレキシブルに変えられるのと、クリック式で電圧を切り替えるのとあって、どちらも千円以下で入手できました。

電圧を可変できる AC アダプター
[左のボリューム式は電圧によって左下のインジケーターの明るさも変わる]

 電圧を連続可変できるタイプは、小型モーターや水槽の水中ポンプをコントロールするのが本来の使用法です。LED ライトに使えるかどうか疑問でしたが、ちゃんと点きました。ボリュームを 3V より下に回すと電源 OFF となります。中間スイッチが要らないぶんお得です。

 クリック式は 3V~12V の7段階が選択できるようになってました。 12V にしたときだけライトが点滅します。12V は「ルーター用」と注釈がついていたから、そういう仕様なのかと思ったら、あれこれやってるうちに普通に点灯するようになりました。どうなってるんでしょう。(不思議です)

 12V のほかに常夜灯として利用できるのは 9V か 7.5V ですが、7.5V は光量が一気に落ちて豆球並みの暗さです。6V 以下では点灯すらしませんでした。9V で消費電力は半分以下まで下がります。やはり LED は白熱電球とは違いますね。 

 どちらも防雨タイプではないから、プルボックスに入れるなどの対策が必要です。電源部は安く買えても、周辺パーツまで含めると高くつきそうです。ライト本体は低電圧でも元は 100V の AC 電源です。安全対策は万全でないといけません。
OK キャンセル 確認 その他