2021/04/01(木)コロナワクチンの接種券が届いた

 先月後半は自家用車の買い替えの話が続きました。「写真は科学だ」とコキながら車の話はどうだえ?、という向きもあるでしょうが、あながち無関係とも言えません。

 近頃の高級デジタルカメラは、軽自動車が買える価格帯になりました。α1を買うか、新車の軽トラを買うかの時代です。今回は7年目の車検を目前に車を買い替えることにしましたが、次にカメラを買い替えるときは、車を買う時と同じくらいの覚悟が要るかもね。

 余談はさておき、またもや余談です。月末に「新型コロナウイルス・ワクチン接種のご案内」という封書が届きました。赤ベタ白ヌキで「接種券(クーポン券)在中」とあります。中を見てみると……

 剥離シールのクーポン券と「お知らせ」が入ってました。この後に「予約案内」が届くそうです。それまでクーポン券は「大切に保管してください」となっています。その予約案内とやらはすぐ翌日に届きました。(一緒に送ればいいのに)

 後から届いた予約案内には、65 歳以上を対象に4月下旬から始まる接種会場と人数が書かれていました。今回のワクチン供給量は全会場合計で 960 人分だとか。人口が 30 万人以上(高齢者率 26% 超)の自治体で千人にも満たないとは心もとない話です。

ワクチン接種のクーポン券と予約案内
[ワクチン接種のクーポン券と予約案内(供給量の部分を拡大表示)]

 案の定、申込者を対象に抽選だそうです。また、「ワクチンの接種は本人の同意が必要です。強制されるものではありません」とも書かれていました。そりゃこの数じゃあ強制はできんわね。

 割り当てられた数量は少ない、公平を期すために抽選する、抽選の対象は申込者のみ、といったところです。数が少ないのは自治体のせいじゃない、不平不満が出ないように公平にやってますよ、とでも言いたげな内容です。(あまりのお粗末さに落胆と絶句)

 初めの 960 人を選ぶために手間暇と費用をかけて…… もっとほかに賢明なやり方はなかったんでしょうか? これが最初で最後なら話は別だけど、この先ずーっと続くんでしょ。

 「ワクチンの接種始まる」の朗報かと思いきや、先行きが思いやられる暗~いお手紙でした。情報公開は大事だけど、税金を使って市民を落胆させるような施策はやめてほしいですね。(と思わずグチ)

 抽選に申し込む? もちろんヤメです。2%にも満たない当選確率に賭けてでもワクチン接種を先に受けたい人はいるでしょう。その人の妨げになるのは御免です。その代わり、後になって「ワクチンを受けないヤツがいる」なんて言わないでね。(行政による分断と差別化はすでに始まっている)

2021/03/30(火)エブリィバンは5AGS・4WDにした

 エブリィバンにはいくつかグレードがあります。大きな違いは、後ろの座席が簡易なベンチシートか、左右独立の個別シートかの違いです。荷物を積むことに重点を置くのならベンチシートでもよいのですが……

 車は人が乗って荷物が積めればいいと言いながら、一度ハイトワゴンに乗ってしまうと、後ろの座席が簡易な一体型では不満が出ます。座席を全部倒すか倒さないかのどちらかで、片方だけ畳めないのは不便です。

 ベンチシートで長尺ものを積むときは、運転者しか乗れません。脚立など長い荷物を積んだら人は乗せられないわけです。(荷物を保持する目的で座席のない荷台に乗るのは合法ですが…)

JOINのシート
[JOIN クラスのシート構成(公式サイトより)]

 後部座席が左右独立した JOIN クラスにしました。セフティーサポートは標準装備で、付いているのは 4AT と 5AGS の2種類です。個人的にはマニュアル車でもいいけど、5MTはオプションでも付けられません。

 セフティーサポートは、費用を抑えるためにナシでもいいように思いますが、国から補助金が出るので費用的にはほぼチャラです。65 歳以上が対象とか。任意保険が安くなるし、付いてて悪いことはないでしょう。(そもそも JOIN は標準装備で外せない)

 貨物車でオートマというのもなんだから 5AGS にしました。クラッチペダルがないオートギアシフト (AGS) は基本的にはマニュアル車です。ターボにも興味がありましたが、ターボ車に AGS 仕様がないのは不思議です。安全装置付きのターボ車だと結果的に 4AT の一択になります。しかも 4WD はフルタイムのみで燃費が悪そうです。

 OEM 先の日産は、ターボはもちろん JOIN と同クラスの GX にも AGS 仕様がありませんでした。見積をとるまでもないですね。「決算だから飛び降りますよ」なんて言ってたけど、決算のたびに飛び降りてたんじゃあ、命がいくつあっても足りませんぜ。

 スペーシアはフロントエンジンで FF です。エブリィはエンジンが運転席の下で FR です。自宅は起伏のある台地の上だから、空荷の FR で少しでも雪が積もったら一巻の終わりです。家に帰れません。

 そういう時のために座席がフルフラットになるって? (やめてよ)

 年に何度もあることじゃないけど、4WD 仕様にしました。センターデフがないパートタイム式だから舗装道路の通常走行には不向きですが、タイヤが滑りそうなシーンでは役に立つでしょう。

 基本的に車にはお金をかけない主義と言いつつ、なんだかんだで予算を少しオーバーしてしまいました。こだわる部分で妥協してしまうと後で悔いが残ります。(スペーシアがそうだったなぁ)

2021/03/29(月)荷物を積むのならやっぱり貨物車

 ハイトワゴンからワンボックスの貨物車に替えることで、いままで引っ掛かっていた心のトゲがようやく抜けそうです。あとちょっとで荷物が載らないジレンマからは解放されるでしょう。

 貨物車といっても所詮は軽です。昔乗ってたタウンエースバンほどは積めません。でも軽トラを除いて軽自動車では最大の積載量です。それで載らなければ諦めがつきます。

 検討対象はスズキのエブリィかダイハツのハイゼットカーゴの二つに絞られました。中古車でよければアクティーやほかの車種もありますが、燃費を重視するなら現行車種に絞られます。型式が新しい中古車は割高だからこの際新車です。

エブリィバンとハイゼットカーゴ
[エブリィとハイゼットカーゴ(いずれもメーカー公式サイトより)]

 スペーシアの利点は燃費の良さでした。おとなしく走ればリッター 20km 台まで伸びます。2年目からアイドリングストップを切るようになって 18km ちょいに落ちましたが、それでもまだ良いほうだと思います。

 アイドリングストップを使う使わないの差は1割くらいですかね。バッテリーへの負担が大きいのか、最初の車検でバッテリー交換を勧められました。ディーラーで交換すると工賃別で約1万円。節約できた燃料代のほうが少ないかも?

 貨物車といえども燃費は重点項目で、いまよりもあまり落としたくない心境です。スペーシアはここにきてリッター 18km を切るようになりました。燃費の良さがウリのエブリィなら、近い線までいくかもしれません。

 そんな思いから、ハイゼットカーゴは検討対象から外しました。軽バンはほぼ完成された領域だから、似たような車種をちまちま比べても迷うだけです。ここは燃費の良さを基準にバッサリやることにしました。(ダイハツさん、ごめんね)

 同様にエブリィワゴンも対象から外しました。軽ワゴンは燃費が悪すぎます。価格も高いしね。車にお金をかけない主義の私が乗る車じゃございません。荷物を積むのなら、やっぱり4ナンバーの貨物車だわ。
OK キャンセル 確認 その他