2018/12/03(月)伯母さんちの生活環境を改善する

 先週何日か伯母さんちにお邪魔して、セキュリティー強化の工事をしました。工事というよりは加工に近い作業です。駐車場の通用口は鍵が見当たらないので、ドアノブを新しいのに交換して外から施錠・開錠ができるようにしました。鍵は扉の横のキーボックスで管理します。

 裏庭に出る通路は、高さの低い簡易な扉があるだけです。枠に細竹を 10 本ほど立てて乗り越えられないようにし、内側から閂が掛かるようにしました。駐車場側からは開けられないので、セキュリティーが少しは改善されたと思います。伯母さんが庭に出ることはもうないだろうから、閂は掛けっぱなしにするつもりです。

 灯油タンクが置いてある裏庭の掃き出し窓は、枠が傾いて隙間ができています。扉がきちんと閉まらず施錠するのが大変でした。思い切り押し込んでようやくロックが掛かります。戦前からある古い家だから仕方ないですね。別に閂金具を付けて伯母さんでも施錠できるようにしました。ついでに隙間を木の板とパッキンで塞いで隙間風が入らないようにしておきました。

 あとはセンサーライトと防犯カメラを設置すれば、セキュリティー強化大作戦は終了です。こちらの苦労を尻目に伯母さんは、そんなことよりも自分の生活環境を改善するほうに気がいっています。電話の位置が遠いとか、ベッドからソファーへの導線が悪いとか、電灯のスイッチまでなかなか辿り着けないなど、不満がいっぱいです。

 末っ子の叔父さんがよく手伝いに来てますが、その人も既に 80 代です。介護ベッドを少し動かすにも大騒ぎで(ピクリともしない)、力仕事や工事を伴う作業は無理のようです。一通り不便な箇所がわかった時点で、私がやるしかないでしょう。伯母さんは一日中、どこをどうしたら便利になるか考えを巡らせているそうです。こういうところは私に似てますね。

 とりあえず電話の位置が決まったら配線をし直して移動させます。スイッチが遠くて手が届かない廊下の電灯は、センサーライトに交換する予定です。「見栄えのするのがええ」とか言ってましたが、センサーライトで豪華なのはあまりないから、実用性とコスト重視でいきます。廊下だしね。

 玄関の上り口にある電灯のスイッチは、ちょっと遠くて脚の悪い伯母さんがなかなかたどり着けない位置にあります。こちらはスイッチの位置を導線の近くに移動すれば灯具を変えずに済みます。日本家屋に合った高そうな灯具だから、そのまま使ったほうがよさそうです。

 手摺りや手押し車がないと歩けない老人の身になってやらないといけません。健常者の感覚で「このくらいは…」という発想は禁物です。それと、年寄りには長年の経験で培われてきた価値観や拘りがあります。日常生活の場だからそれも大切にしてやらないとね。

 試しに廊下の電球をセンサー式に交換してみました。球を換えただけです。スイッチを入れなくても点灯するのに驚いた様子で、えらく気に入ったみたいです。他の電灯も自動式にしてほしいと言ってました。見栄えよりも利便性のほうが大事だと気付いたようです。焦らず慌てず、ひとつづつ前に進めていくつもりです。

2018/11/28(水)伯母さんちのセキュリティー強化

 骨折で入院していた叔母さんが、今週ようやく退院してきました。転んで腰を傷めたのはお盆頃の話です。検査したら骨折とわかり、手術してからかれこれ3ヵ月ほど経ちます。術後の経過というか、要するにリハビリですね。年寄りは歩けるようになるまでに時間が掛かります。

 歩けるようになったといっても手摺りがないと危ない状態です。玄関の鍵は何とか開けられるそうですが、駐車場の門扉を開閉するのは無理のようです。玄関脇の勝手口から庭に出て、高さ 2m 以上ある四つ折れフェンスを開けないといけません。足が不自由になった 90 歳近いお婆さんには無理でしょう。

 そこで駐車場のフェンスは鍵を掛けないことにしました。問題なのは、庭にある物置小屋と建物の間を通って、簡単に裏庭や台所の勝手口に行けることです。住んでる人は便利ですが、ドロボーさんにも好都合です。通路にはいちおう竹製の扉があるものの、鍵のない簡単なものです。まずここを補強しないといけません。

 その庭には大きな柿の木があって、生った実を身内やご近所に配るのが楽しみでした。今年は留守の間にカラスにやられてしまい全滅です。地面に落ちた実や葉っぱは、きれいに片付けられていました。介護関係の工事をしている間に、庭師が入ったみたいです。叔母さんは「ずいぶん古い木だし切ってしまおうか」と悩んでいました。私が幼少のころに実が生っていた記憶があるから、70~80 年は経ってると思います。

 これからは介護の人や給食の宅配など、人の出入りが多くなります。叔母さんは「運動を兼ねてその都度玄関まで鍵を開けに行く」なんて言ってますが、待たされるほうの身にもならないとね。雨の日もあれば風の日もあります。自分が毎日元気で動ける保証もないし…

 駐車場のフェンスを施錠しなければ、庭には自由に出入りできます。通用口のアルミドアの鍵をキーボックスに入れておけば、暗証番号を知っている人だけ家の中に入れます。人の出入りがあればドアセンサーで通知できます(ピンポーン!)。

 あとはドロボーさんが庭まで来たときにどうやってガードするかです。とりあえずセンサーライトですね。夜間だけ人感センサーで点灯させます。駐車場のフェンスを開け庭に入った途端に点灯するよう調整するのがミソです。通行人が道路を通るたびに点くのは、間が抜けてていただけません。侵入されない限り滅多と点かない(一生点かないかもしれない)のが理想です。

 センサーライトをものともせず通用口をこじ開けられたらどうするか?… タイマーで夜間だけ警報器が作動するようにするつもりです。年寄りに、夜になったらスイッチを入れて朝になったらスイッチを切る… なんて言っても確実に実行される可能性はほぼゼロです。昔からの習慣は身についていても最近の話は上の空。自動的にオンオフされるのが絶対条件です。

 あとは防犯カメラです。主要な箇所に設置しておけば、侵入される前に予防できる可能性が大です。ちょうど1セット予備のカメラと NVR があります。これを付けることにしましょう。お世話になった伯母さんです。入院中は電話だけでお見舞いもしてなかったから、退院祝いで無料奉仕ですね。

2018/11/19(月)野良猫の執念深さを再認識する

 先月から野良猫の侵入に悩まされています。何も悪さをしなければいいんだけど、家庭菜園を耕すたびに掘り返されてそこへウンチをされます。始末して整地してからマルチをすると、今度は別の場所を掘り返される… 猫を相手にイタチごっこの連続です。

 センサー感知で超音波を出す装置をそこに置いてみました。若い人には聞こえるみたいですが、こちとら年配者の部類なので、音が出ているのやらどうなのやらさっぱりわかりません。全部入りモードにすると LED フラッシュが点滅するから、たぶん出てるんだと思います。でも、あまり効果はないような…

 侵入するのは朝か夕方のようです。夜明け前のときもあれば陽が昇ってからのときもあります。夕方は日没後ですね。荒らされたときは、防犯カメラの映像を朝夕の時間帯に絞ってチェックしてみます。最大で6倍速まで上げられますが、それでも1時間分をチェックするのに 10 分ほどかかります。やっとのことで猫を捉えた場面を見ると、アッと驚く為五郎でした。(古ッ!)

 お隣の塀を伝って裏口までたどり着いても、ネットが張ってあって簡単には侵入できないようにしてあります。ところが、そのネットを前足で踏みつけて、フェンスの上を伝って侵入してくる様子がカメラに写っていました。爪に引っ掛かるのを嫌がるように透明なテグスで編んだネットにしたのですが、2cm 程度の粗いマス目では効果がないみたいです。

防犯カメラの画像

 その後、連日のように侵入されます。裏口のフェンスは棒を立ててネットとの間に隙間を作りました。もうここからは同じ手口で侵入できないはずてす。どこから入ってくるのか、防犯カメラの画像をチェックしてみると、反対側の南隣のフェンスの隙間から出入りしていました。ネットのたるみを利用して器用に乗り越えています。

 なんとか侵入できないかアレコレやってるうちに、ネットの網目をかわす術を体得したんでしょうね。我が家の防護柵はこのネットがメインだから、これが役に立たないとなるとお手上げです。全長で 40m もの長さを別の手段でカバーするのは、設置の手間はもちろんコスト的にも不可能に近い話です。

 そこで、いま張ってあるネットを補強することにしました。いままでは遠慮して、なるべくお隣りが設置したフェンスを利用しないようにしていましたが、そうとばかりも言ってられません。お隣も猫の侵入には悩まされている様子だから、たぶん文句は出ないでしょう。(見ると超音波発生器のほかに水入りのペットボトルがいっぱい!)

 これでしばらくは侵入されないでしょう。でも野良猫の執念深さにはこの間の侵入劇で身に染みて再認識させられました。きっとまた突破口を見つけてやってくるに違いありません。ある意味ゲーム感覚で楽しんでいるのかも? それが生きがいだったりして…

 こちらも野良猫の侵入を防止するのが生きがい? 絶対そうはならないぞ。(知恵比べをちょっと楽しんでるだけよ)
OK キャンセル 確認 その他