2020/03/27(金)不良カメラのモジュールを交換_4

 防犯カメラのフルカラー化を進めています。最近の防犯カメラは夜間の描写性能が向上して、数ワットの明かりがあれば、カメラ内蔵の赤外線 LED を利用したモノクロ画像ではなくカラー画像での描写が可能です。

 カメラの CMOS によって映り方が異なります。ほんの少しの照明で鮮明に映るカメラもあれば、相当強い光を当てないと暗いままのカメラもあります。最近はやりのスターライトカメラなら、いま外構に設置してある照明で昼間のように鮮明に映ります。

 道路側に設置したドームカメラは、CMOS のサイズが小さく映る範囲が狭かったので、別のカメラにすげ替えました。代わりに設置した場所は照明が少ないせいか、かなり暗い描写になります。照明のパワーを上げたり、ライトの数を増やしたりするのは不経済です。そこで低照度に強いモジュールに交換することにしました。

 AliExpress で注文してあったカメラモジュールが届きました。低照度に強い CMOS を使っていて、基盤と LAN ケーブルのセットで千円程度でした。レンズユニットが無い状態ですが、手元にいくつか余っているからそれを流用するつもりです。

カメラモジュールと LAN ケーブルのセット

 今回入手した LAN ケーブルユニットは ANSI 規格でした。1-2番が約束通りの橙系ケーブルです。8ピンのコネクターに7本が結線されていました。AC12V を給電すれば、このままカメラモジュールを起動できます。早速 NVR に接続してみました。

 IP アドレスは認識しますが画像が表示されません。赤い×印とPの字が表示されているところをみると、カメラの初期設定は PAL になっているようです。IE ブラウザからカメラにアクセスして、PAL から NTSC に変更します。PC のモニターと NVR のモニターに画像が表示されました。(めでたし、めでたし)

 AliExpress は、商品が到着したら報告しないといけないルールになってます。到着を確認してから出品者に代金が支払われる仕組みになっているからです。不都合があればクレームは3日以内にする決まりです。不良かどうか、すぐに確認しないといけません。

 モジュールに合ったケーブルをセットで注文できるのは AliExpress の特長です。音声端子付きや PoE タイプなども選べます。Banggood はケーブルなしで本体のみしかありませんでした。ほかを探しても LAN ケーブルユニットが見当たらないのはいかにも不便です。

 先に届いた Banggood のカメラモジュールもこのケーブルを使って作動確認をしました。やはり初期設定は PAL になっていました。早速 NTSC に変更です。PoE モジュールが届いたら連結して不良品のカメラモジュールと交換する予定です。

2020/03/25(水)不良カメラのモジュールを交換_3

 AliExpress に注文してあったパーツのうち、LAN ケーブルのセットが届きました。注文してから2週間後に「ご注文の商品はあなたの国に届いています!」というメールがありました。日本で通関すれば1~2日で届きます(郵便だから日曜祝日を除く)。

 LAN ケーブルセットにも種類があって、差込口やケーブル芯数が異なります。今回はコネクター(ターミナル)に結線されていないタイプを選びました。空のターミナルは2個ずつ入っていてほかにも流用できそうです。

LAN ケーブルユニット

 どのケーブルが元の端子の何番からきているのか、説明書らしきものはありませんでした。ケーブルの色を一般的な結線方式を参考に割り振るとハマリます。日本で常識的に使われている RJ45 の結線方式は ANSI というアメリカの規格です。ここで念頭に置いておかないといけないのは、IP カメラの大半は中国で作られていることです。

 普通1・2番に使われるオレンジ系がなくて、4・5番に使われるブルー系が1・2番に充てられいるようです。紫は LAN の LED 用、赤は DC12V、黒は GND でしょう。IP カメラの通信速度は最大で 100Mbps だから1・2・3・6番の4本あれば通信できます。

 中国のネット環境に Google や amazon がないように、大半が中国製の IP カメラ周りのパーツは米国とは関係のない中華仕様です。カメラモジュールに使われているコネクターは 1/10inch(2.54mm) の半分 (1.27mm) ではなく 1.25mm です。日本の秋葉系通販で探しても見つけるのは難しいかもしれません。

 モジュール同士をつなぐ M2 規格のスペーサーも中国の通販サイトで注文しておきました。こういうキワモノはやはり AliExpress が強いみたいです。六角棒のほかに、既製品の防犯カメラによく使われている丸棒タイプもあります。



 10 種類で 120 個入りが送料込み 417 円でした。(恐るべし中華サイト)

2020/03/24(火)不良カメラのモジュールを交換_2

 パスワードが不明で実用できなかった防犯カメラを復活させる話の続きです。カメラモジュール(基盤)を交換して蘇らせる作戦でしたが、何度も壁にぶち当たりました。パソコンを組み立てるのとは勝手が違います。

新旧の基盤の規格は 38mm 角
[38mm 角のモジュール。右が取り寄せた基盤]

 中国から届いたカメラモジュールは、サイズは 38mm 角で一見同じですが、裏側にあるコネクターの位置やピン数が違います。LAN ケーブルでの信号のやりとりは、元の基盤は6ピンのコネクターに5本のケーブルが接続されています。一方、新しく届いた基盤は8ピンのコネクターでした。

カメラに付属の LAN ケーブル

 新しい基盤は、DC12V と GND の2本が同じコネクターに接続されます。4ピンコネクターの赤と黒ですね。これを追加するのに8ピンコネクターのハウジングが必要です。規格は JST 1.25mm ですが、秋葉系の通販サイトを探しても見当たりません。たまに 1.27mm というのは見るけど8ピンはなさそうです。

 元のカメラは PoE ではなかったので、PoE モジュールを追加することにしました。筐体には十分な空きスペースがあります。PoE モジュールに6ピンと4ピンで接続し、PoE とカメラモジュールを8ピン同士でつなげば解決するはずです。ところが Banggood で見つけた PoE モジュールの附属ケーブルは、8ピンの先が6ピンと電源の二股に分かれてました。(これじゃダメだわ)

 IP カメラのパーツをネットで調べていると、やたらと AliExpress のページがヒットします。この手のキワモノは Banggood よりも圧倒的に多いみたいです。カメラモジュールは Banggood ではレンズ付しかありませんでしたが、AliExpress ではレンズなしが選べたり、ケーブルユニットが追加できたりします。(しかも種類が豊富!)

 AliExpress はアリババの海外向け通販サイトです。PayPal は使えずクレジットカードでの決済となりますが、ここでないと手に入らないパーツがいっぱいあって、IP カメラの自作や改造には避けて通れないサイトです。PoE モジュールのほかに LAN ケーブルユニットとパーツセット(ネジ類)を注文しました。

 Banggood よりも到着まで日にちがかかりそうです。かくして時間との闘いが続きます。時間と言っても「待ち時間」だけどね。
OK キャンセル 確認 その他