2019/12/02(月)LEDライトをスマホで制御する

 裏庭の照明に LED 投光器を取り付けました。AC100V 仕様で 10W です。常夜灯にするにはかなり明るいですね。防犯カメラはもっと少ない光でもカラーで映ります。電気代の問題もあるし、光量ダウンのため電圧を落としてみました。

 普及型の小型の変圧器は、実際に電圧を下げているわけではありません。交流のサイン波をカットして、疑似的に電圧が下がったように見せているだけです。サイリスタ調光とか PWM 調光とかいうやつです。手元の変圧器をテスターで測ってみると、ボリュームを回しても電圧は 100V のままでした。

 ある程度までサイン波をカットして間引きすると、下側をすべてカットして上だけで調節する製品もあります。一口に PWM 調光といっても製品によって特性はまちまちです。オシロスコープがあれば、自分の目で確認できますが、私は持ってないので場当たり的にテストするしかありません。

 LED ライトは、定格電圧でないと正常に点灯しない場合が多いようです。元々が直流低電圧で点くパーツなので、AC100V 仕様だと器具の内部で DC に変換しています。それに LED の特性が絡んで、変圧器との組み合わせによって様々な症状が出ます。

 同じ製品でもロッドが違うと、まったく異なる反応をすることがあります。いま設置してある 10W 投光器は電圧を下げていくと、1台は点滅を始め、もう1台は極端に光量が落ちます。両方の症状が出ないところまでしか下げられないので、常夜灯としてはかなり明るい状態です。

 そんな悩みを解決してくれそうなのが、スマホのアプリで光量をコントロールできる投光器です。スマートスピーカーと連動して明るさや色彩を変えられる電球がありますが、それの野外版みたいなもんです。実際の用途は、野外パーティーなどでのムード照明みたいです。

 テスト的に購入したのは、Bluetooth を使ってスマホのアプリで制御する投光器です。この手の製品のほとんどはリモコン式ですが、電球色が選べないのでアプリ方式のを選びました。事前にアプリをチェックした感じでは、うまくいきそうだったのですが…

 実際に投光器とペアリングすると、それまで表示されていた色温度調節の画面が出ずに、昼白色の光量調節の画面に変わります。3000K の電球色は選べませんでした。仕方がないので、RGB カラー画面から電球色に近い中間色を作りました。これが微妙で大変だわ。でもリモコン式は単純に RGB の固定色と白色だけです。調節できるだけまだましかも。

 明るさは 5-100% の範囲で変えられます。5% にしてもフリッカーは出ませんでした。フルパワーの 30W はオーバースペックですが、光量が絞れるので十分実用できます。ワットモニターで測ったら、5% で 1.5W、10% で 1.8W、20% で 2.5W でした。20% でも結構明るいですね。

 防水性は IP66 とか謳ってますが、バラシてみた感じではパッキンなどなく怪しそうです。隙間をパテ埋めしてから取り付けることにしました。野外パーティーの時はフルパワーでいきますか。音楽に合わせて色彩が目まぐるしく変わるモードもあるし…(それこそ近所迷惑だわ)

2019/11/28(木)とりあえず赤色灯を設置してみた

 家の表側の照明が一段落したところで、今度は裏庭の番です。泥棒はいきなり入ってくることはない、必ず下見をするといいます。最も狙いやすい裏庭からの進入路は、隣接した家の向こうにある道路側から見渡せます。様子を窺うとすればここからですね。

 裏隣りの向こうにある道路から見えるよう、赤色灯を設置しました。狙う方向はここだけだから、回転灯みたいにクルクル回る必要はありません。赤い防犯灯が見えればいいわけです。予算の都合もあって、千円程度でゲットした激安の回転灯を回らないように加工して設置しました。

回転しない回転灯

 こうした低価格の回転灯で一番壊れやすいのはモーター周りです。回転しないようにしたことで、寿命はかなり延びるはずです。購入時の商品サイトでは「光パワーは 5W 以下」となっていましたが、付いていたのは 10W の白熱電球でした。一晩中点けっぱなしの常夜灯だから消費電力を下げたいところです。

 悩んだ末に 0.6W の LED 電球に交換しました。千円もしなかったので、一年くらいで元は取れるでしょう。泥棒は注意深く観察する習性があって、わずかな照明でもチェックされます。一般住民にはさりげない明かりでも、十分効果があるわけです。泥棒は一生来ないかもしれないけど、日常生活は毎日続きます。これ見よがしの仕掛けは、ご近所に迷惑をかける元です。

 裏庭の防犯カメラは、超広角レンズ付に改造したカメラに換えました。2.1mm 付が2台と、1.8mm 付が1台です。3台とも夜間でもカラーモードのままにしてあります。明かりがないと真っ暗なので、広範囲を照明する LED 投光器を設置しました。

 少し前までは 100V 仕様の投光器でも 5W のがあったけど、現在は 10W が最低のようです。カラー化にはそんなに明るい照明は必要ないので、調光器をかまして光量を落としました。LED の特性で、少し電圧を落としただけで極端に暗くなったり、点滅を始めたりします。パルス幅をカットする PWM 調光との相性もあります。

 家の表と裏と、照明に使う全体の電力をなるべく抑えたいと考えています。ただでさえ防犯カメラと録画機で自家サーバー1台分くらいの電力を消費しています。その上に常夜灯の電気代がかさんでは、たまったもんじゃありません。なんとか 20W 程度に抑えたいのですが…

 そんなこんなで、わが家の防犯対策はまだまだ続きます。

2019/11/02(土)屋外の防犯ライトを検討する_6

 わが家の外構に防犯ライトを追加する計画を進めていて、抜けている点に気づきました。いくら表側(道路側)を明るくしても、裏側の庭は真っ暗です。裏庭は間知石を積んだ擁壁の上に位置します。庭から裏隣の2階のベランダが見下ろせるくらいの高さです。

 擁壁の上にさらにブロックの土留めとフェンスがあるから侵入しにくいように見えますが、擁壁の上は人が通れる幅の通路状になっていて、ここからなら比較的簡単にフェンスを越えられます。賊が侵入するとすれば、このルートですね。(ノラ猫がいつもしているように、私が泥棒ならここを狙う)

 そこで、裏庭の防犯灯をどうするか、検討してみました。常時明るくしておくか、それとも侵入されたときに人感センサーで照明するか、どちらがいいんでしょう。電気代の問題もあるし、センサーライトを設置するのが得策のように思いますが…

 ただし、センサーライトは実際に侵入されたときしか点きません。それ以前に防止する手立てはないものでしょうか? 回転灯や防犯灯など遠方からでも目立つサインをするのも手段のひとつです。あの家は用心しているな…と思わせるのは防犯の基本です。泥棒をいきなりビックリさせるのが目的じゃないからね。

防犯に使える赤色灯
[自転車のテールランプから回転灯までいろいろある]

 裏庭の防犯は、警告灯とセンサーライトの組み合わせでいくのが賢明のようです。遠目に赤色灯などの警告灯が見えていれば、大抵の泥棒は用心して侵入を諦めるはずです。それでも侵入してくる賊には、センサーライトで威嚇して撃退します。屋外の照明のほかに、室内のライトを時間差で点灯させるシステムを検討中です。(これが難しそう)

 もうひとつの選択肢として、常夜灯の設置があります。一晩中、点けっぱなしだから電気代は掛かりますが、防犯効果は抜群です。防犯カメラは、近距離しか照らさない赤外線 LED のモノクロ画像よりも、きちんと照明されたカラー画像のほうが臨場感があります。ここは奮発して、裏庭にも常夜灯を設置しますか。

 ここで問題になるのが電源をどうするかです。AC100V の防雨コンセントは2ヵ所あります。悩むのは、LED ライトの電圧を AC100V にするか DC12V にするかです。裏庭は広い(駐車場の数倍ある)から、ライト1灯ではとてもカバーできません。全体の光量も必要です。100V 仕様なら1灯あたり 7W 以上は確保できます。

 一方、DC12V だと 3W か、せいぜい 5W です。明るさでは劣るものの、電気代を考慮して省エネでいくなら 12V に軍配があがります。将来、太陽光発電を始めた時に電源として使えるしね。(また夢みたいなこと言ってる)

 あーでもない、こーでもないと、考えてるうちが花なんだわね。実際に設置してしまったら、あとはほったらかしです。でも、その前に泥棒に入られたら文字通り「泥縄」になってしまいます。なるべく早く設置するのがよろしいようで…
OK キャンセル 確認 その他