2020/07/08(水)個人輸入のトラブルもいろいろ_3

 中国からの個人輸入で起きたトラブルの内容はいろいろですが、通販サイトの業態もいろいろです。AliExpress は日本の楽天みたいに出品業者の集まりですが、Banggood は自社で仕入れて自社が販売する単独モールです。

 トラブルが起きた時の交渉相手は、AliExpress の場合は注文した出品業者となります。紛争でもめた時だけモールが仲裁に入ります。一方、Banggood はモール自身が交渉相手です。窓口が一つのほうが手っ取り早くて話がつきやすそうに思えますが、もしそこで話がつかなければ暗礁に乗り上げてしまいます。最後は支払を仲介した PayPal に仲裁(早い話が返金)を申し入れるしかありません。

 Banggood に注文して、違う商品が送られてきたことがありました。何点か頼んだうちの1点だけが別物でした。早速モール側にクレームを入れます。やり取りは全て英語です。こちとら苦手な分野ですが、そこは時代が進んでいて翻訳サイトで日本語から英語に変換すれば何とかなります。便利な時代になりましたね。

 商品全部と送り状などすべての伝票類の写真が必要です。破損の場合はパッケージの写真も要るから、安易に捨ててはいけません。このときは回転ノブ付きの 1/4 インチネジを頼んだのに、届いたのはノブ無しのカメラネジでした。商品番号は合ってますが袋の中身が違います。ビニール袋に貼られたタグの文字がわかるように写真を撮って送りました。注文した商品のスクリーンショットも一緒です。

 写真を見比べれば商品が違うのは一目瞭然です。モールからの提案は「返金」でした。ところが提示してきたのは、注文した商品の代金よりも低い金額です。「お詫びのしるし」と言いながら、間違って届いた商品を差額で買い取れ!と言っているようなもんです。お金は要らないから注文した商品を再送してほしいと要求しました。間違って届いた商品は返すと…

 300 円もしない商品を再送したうえに、間違って届いた商品の返送料まで負担させられたのでは割に合わないと思ったんでしょうね。何度か押し問答の末に、ようやく正しい商品を送ると返事がきました。間違って届いた商品の扱いについてはコメントなしです。(そちらで勝手に処分してくれ!ということかしら?)

 相手は中国(というか拠点は香港・本部は英国?)だから、交渉は一筋縄ではいきません。クレーム処理には慣れているから百戦錬磨の強者です。首尾一貫した主張を最後まで押し通す姿勢でないと、涙金でごまかされます。間違った商品が届いた、これは要らない、初めに注文した商品が必要だ、さんざん待たされた挙句この結末に落胆している、等々… こちらの正当な言い分を相手にハッキリ伝えることが肝心です。(あくまで正論です。ゴネ得はいけません)

 翻訳サイトを使ってみて気になることがありました。日本語から英語に変換して、その英語を再び日本語に直すと、別の意味になってしまうことがあります。日本語→英語→日本語とやってみて、間違いなければコピペするようにしました。

 文章は短く簡潔にしたほうが伝わりやすいです。Google 翻訳では、英語から再翻訳するときに2つの文章をつなげて意訳する傾向があります。便利な反面、せっかく簡潔な文章にしたのに、意図しない翻訳になりがちです。文章間にスペースを入れると連結しなくなります。何事も経験ですね。

2020/07/07(火)個人輸入のトラブルもいろいろ_2

 2回目の未着トラブルは、輸送の途中で発送者にUターンで返送されてしまった、というイレギュラーでした。モールサイト(AliEx.)の追跡ページでは、発送者に返送されるので運送業者に連絡するようコメントが出ていました。すぐに販売者に説明を求めましたが、まるで無視するかのようになしのつぶてです。

 中国のセーラーもいろいろで、うるさいくらいこまめに連絡してくるところもあれば、ここみたいに気のないところもあります。もし本当に返送されたのなら、一旦キャンセル扱いにしてもらおうと、再度メッセージを入れました。放置されないように「あなたの商業道徳を疑っている!」と、強めの文言も入れておきました。

 ようやく来た返事は、「パッケージが返却されたので再送できますか?」というものでした。返送する前に事情をきちんと説明してほしいと要求しました。当たり前でしょ。すると、「税関は時々不可解に戻る。私たちも無力です」と言ってきました。自分たちのせいではないとの言い分です。

 解決方法は2つ。再送するか、キャンセル扱いにするか、そちらで最善と思われる方法で解決してほしいと要望しました。「はい、再送します」と返事がきたあとで、なぜか「払い戻しを宣言してください」と、180 度の急転です。

 うざこい客と思われたのか、メッセージのやりとりを見てモールがセーラーに指示を出したのか、詳しい事情は不明です。注文から3ヵ月も経ってるからモール側のチェックに引っかかったのかもね。いずれにしても「紛争」ページを開き、「商品が未着」「返金を希望」を選びます。

 ところが返金限度額が支払金額よりも低く設定されています。コメント欄に「支払金額の全額を返金してほしい」と追記しておきました。さんざん待たされた挙句に、たとえわずかな金額でも削られたのではたまったものじゃありません。まだ返金処理されていませんが、どうなりますやら。

 税関でよくあるトラブルは、非課税だと思っていたものが課税扱いになることです。この場合でも発送者に返却せずに、注文者に課税されるのが普通です。受け取るときに税金分を払わないといけません。今回の注文は合計で 6,000 円程度の商品だから非課税のはずです。

 海外通販では、販売者は関税については関知しないのが「お約束」です。中国からだと1万円以下の商品で課税されることは稀ですが、品目によっては安価でも課税されることがあるようです。私が注文するような品は、16,666 円までなら課税されることはないでしょう。

 注文した商品が届かなかった、届いた商品が破損していた、そのほかに、注文した商品と違うものが届いた、なんてのもありました。どう対処したかは次回に。(つづく)

2020/07/06(月)個人輸入のトラブルもいろいろ

 中国からの個人輸入を始めてからまだ半年にもならないけど、何件かトラブルがありました。ちょうど新型コロナの感染拡大と重なったこともあり、到着の遅れはある程度織り込み済みでしたが、注文した商品が届かないというのは想定外でした。

 ネットでググッてみてると、ヘビーユーザーの体験談がいくつか見つかります。到着の遅れは日常茶飯事でも商品が届かないという事態はまずないと言います。ところがその「まずない」はずの事態が2回も続きました。

 1回目は、販売者からの連絡で「運送会社が荷物を紛失した」という珍事でした。すぐに送り直すがそれでいいか?と聞いてきました。遅れに遅れたうえにこれから再送では、いつ届くのやらわかりません。キャンセル扱いにできないか返信したところ、「もう送ったので到着を待ってほしい」と言ってきました。もう待つしかなさそうです。

 再送の商品は思っていたより早く到着しました。ところが箱が激しく潰れています。嫌な予感がしたとおり、プラ製の筐体に小さなヒビが入っていました。すぐに販売者に報告したところ、写真を撮って送ってほしいと返事がきました。(あちらも嫌な予感が?)

 千円台の安価な商品でゴネていてもしょうがありません。ヒビはこちらで修復し、減額も交換も要求する気はない、良い評価になりそうもないからフィードバックもやめとく、「これは武士の情けだ」とメールしておきました。

 普通はこういう展開にはならないみたいで、「高貴で立派な精神……アジアでは中国・日本・イランだけが素晴らしい」と、わけがわかったようなわからないような感謝のメールがきました。安い品物を2回も送ってきたのだから、多少のことは目をつぶってやらないとね。

 個人輸入を始める前に、"尼損" のマケプレで中国発送扱いの商品を何点か購入していたので、海外からの商品の流れは大まかにつかんでいたつもりでした。まさか途中で発送者にUターンで返送されてしまうとは、夢にも思いませんでした。2回目の未着事件です。(つづく)
OK キャンセル 確認 その他