2019/10/17(木)待った甲斐なしの 2.8mm レンズ

 深圳からようやく届いた 2.8mm M12 マウントレンズを既存の 3.6mm と交換してみました。結果的には、前に国内在庫で取り寄せた 2.8mm レンズと大きな差はありませんでした。フロントプロテクターのせいで、左右が大きくケラレます。

 超広角といっても 2.8mm 程度の焦点距離で左右が丸くカットされては、精神的に苦痛です。フロントプロテクターを外すしか解決方法はなさそうです。内部ユニットを少し前に出したせいで、フロントプロテクターに LED が当たり、ネジを締めたらガラスにヒビが入ってしまいました。この際、ガラス部分を交換することにしました。測ってみたら 49mm 径のフィルターがピッタリはまりそうです。

 レンズが少し奥に引っ込んでいるため、フロントプロテクターのガラス部分を撤去しても四隅がケラレます。やけくそで焦点距離がもっと短い 2.1mm レンズに替えてみました。このレンズは価格がちょっと高かったせいか、イメージサークルのケラレはありません。レンズの先端が前に出た関係で、フィルター枠によるケラレはわずかです。(枠をちょっと削ればなくなる程度)

レンズを 2.1mm に交換してみた
[左は既製品の 3.6mm 付、右が 2.1mm に交換してプロテクターを加工したもの]

 レンズが 3.6mm から 2.1mm に替わり、画角が一気に広がりました。レンズの先端が奥まっていると、焦点距離が長くてもケラレることがあります。この 2.1mm はレンズ先端が前に出る仕様でケラレが少なく済みました。なんでもやってみないとわかりませんね。これでいくことにしましょう。

 このカメラは、IE ブラウザ経由で各種設定を変えることができます。夜間モードは、モノクロにせずに日昼のカラーモードのままにもできます。赤外線 LED は点きますが、カメラ内部のコードを外せば点灯しなくなります。明暗センサーの機能を切ることも可能です。(前部ユニットのコネクターを2ヵ所外すだけ)

 夜間に赤外線 LED が点灯するとカメラの存在感が増して防犯効果が高まります。ただし、フロントプロテクターを外して1枚ガラスのフィルターに交換したことで、LED の光がもろレンズに干渉します。今回は赤外線 LED が点灯しないようにしました。前回の加工に比べて遮光幕を張らずに済んだぶん楽させてもらいました。

2019/10/15(火)深圳からレンズが無事届いた

 待ちに待った監視カメラ用のレンズがようやく届きました。しびれを切らしてこのブログでグチってから3日目です。グチる前にもう1日辛抱すれば履歴に動きがあったのに、それまで待てないのは修業が足りない証拠ですね。

 封筒(包装)を見た限りでは USPS(アメリカの郵便局)まで行った形跡はありませんでした。深圳の交換局でずーっと留まっていた雰囲気です。「国際郵便物(追跡バーコード)」というシールが貼られていて、それを剥がすと大きな穴が開いていました。小指の先ほどの商品だから、この穴から出せるかもしれません。

届いた封筒に穴が…

 試したら本当に出ました。輸送中に「盗掘」に遭ったのかい! と一瞬疑いましたが、中国の税関検査ってこんなものなのかも? それにしてもこんな穴ひとつ掘るためにひと月近くも掛かるなんて、たいがいにしてもらいたいですね。

 中国の販売元から取り寄せたのは M12 マウントの 2.8mm レンズです。国内に在庫がある 2.8mm はすでに入手済みです。それよりも鏡筒が長いものを求めて、わざわざ中国から取り寄せました。現物を比べてみると明らかに別物ですが、鏡筒の長さはほとんど同じで微妙な感じです。

 既製品のカメラユニットに装着した時に、レンズ先端が前に出るほうがフロントプロテクターによるケラレが少なくなります。四隅が少し欠ける程度なら、3.6mm から 2.8mm に交換する意味はあります。国内在庫の 2.8mm は、両サイドが大きく欠けるものでした。あと 1mm 前に出せればケラレが少なくなるはずです。

 カメラによっては設計がギリギリで、ユニットを 1mm 前に出すと赤外線 LED がフロントプロテクターに接触するものがあります。ユニットが前に出せない以上、レンズ先端を前に出すしかありません。これもせいぜい 1mm 程度までで制約があります。いろいろ試してみるしかなさそうです。

2019/10/12(土)深圳から日本へ USPS って何?

 先月中旬に注文した監視カメラ用のレンズがまだ届きません。中国の販売元から送ってくるので1~2週間は覚悟してましたが、それにしても遅いですね。最大配達予定日が先月の 29 日だったから、もう半月ほど遅れています。

 注文してからすぐに「発送しました」と連絡がありました。翌日には深圳(シンセン)の国際交換局に到着し、そこから目的地に発送したことになっています。ところが、販売元のメールをよく見ると「お客様の商品は USPS でお届けいたします」とあります。深圳から日本に送るのに USPS っていったい何?

 普通は China Post から Japan Post に渡します。USPS はアメリカの郵便網です。USPS がウチに荷物を届けるなんて常識的にありえない話です。単なる記載ミスか、それとも本当にアメリカまで行ってしまったのか?

 最大配達予定日を3日以上過ぎた時点で、販売元に問い合わせてみました。すると「税関の検査が厳しくなりますので、少し延期があります。申し訳ございません。確認したら、税関を通しています」との返事がきました。

 代金を値引きするから数日待ってほしいとのことでしたが、それから 10 日経つのにまだ届きません。どうも税関のせいではなさそうです。品物が届かなければ値引云々の話どころじゃありませんね。やっぱりアメリカまで行ってしまったのかしら?

 調べた限りでは、迷子の荷物が行方不明になって最終的に届かないケースは稀だそうです。たとえ1カ月以上かかっても必ず届くといいます。某デパート内で紛失した商品はまず出てこないというけど、それよりはうんとマシみたいです。もう少し待つとしますか。

 一方、注文から1~2週間後に到着予定の品が翌日に届いたことがあります。"尼損"の注文履歴ではまだ未着のままになっていますが、ほかにも届いたのに未着のままになってる品があるから珍しいことではなさそうです。

 この商品はわからないことがあって、販売元に質問のメールを送りましたが、なしのつぶてです。わからないならわからないで返事くらいすればいいのに、売り切れで商品ページを閉鎖した品だからか、ほっかむりを決め込んでいるみたいです。(感じ悪ぅ!)

 海外から直送の商品は、なにか不都合があっても返品のしようがないのが普通です。修理もままなりません。補償を求めるような商品は頼まないことにしています。まだ未着の監視カメラ用のレンズは千円もしないから、遅れたくらいで目くじらを立てるようなことではないけど、最終的に届かないとなると手痛いですね。
OK キャンセル 確認 その他