2019/07/06(土)スマホでキャッシュレス決済

 今月スタートしたばかりのセブンペイで不正アクセスが発生し、実害まで出て大問題になりました。消費税増税を控え、各社がキャッシュレス決済を進める中でのトラブルに、セブンイレブン以外にも衝撃が拡がっています。セブンペイとはどういうシステムなんでしょう?

 日本独特のキャッシュレス決済で「おサイフケータイ」というのがあります。ガラケー全盛時代から続く方式で、NTT ドコモとソニーが開発しました。普及させるために他社にもライセンス供給されていて、au やソフトバンクでも利用できます。対応しているのは、非接触型の FeliCa チップを搭載した機種です。

 Suica などのキャッシュレスカードもこの方式です。事前にお金をチャージしておいて利用する際にキャッシュレス決済します。その機能がケータイやスマホに内蔵されていると思えばいいでしょう。私のケータイやスマホにはこの機能はないから「おサイフケータイ」じゃありません。

 中国で爆発的に普及したキャッシュレス決済は、スマホを利用します。「おサイフケータイ」でもないのに決済できるのは、アプリと QR コードを使う方式だからです。駅の改札みたいに歩きながらピッ!というわけにはいきませんが、売買代金の決済は QR コードを読み取るだけで完了します。セブンペイはこの方式です。

 セブンイレブンには nanaco というキャッシュレス決済できるカードがあります。Suica や ICOCA と同様 FeliCa チップを内蔵したカードです。もちろん「おサイフケータイ」に nanaco アプリを入れても同じように使えます。ではなぜわざわざセブンペイを追加したのでしょうか?

 ちょうど同じ時期に競合相手のファミリーマートがファミペイをスタートさせました。同じ方式のキャッシュレス決済です。初日の7月1日は、どちらもアクセスが集中してアプリがつながりにくい状態だったそうです。おサイフ機能や入会金なしで、どのスマホでも利用できるからでしょう。これが普及すれば将来の省力化につながる可能性大です。

 競合他社に後れをとるわけにはいかない… そんな焦りがセキュリティーの脆弱性につながったのかもしれません。簡便で利用しやすいのとガードの固さは相反します。今回のトラブルで、セブンペイは消費税増税時のポイント還元対象から一旦保留となったようです。PayPay や LINE Pay などが乱立するなか、スタートでつまずいた(というかコケた)のは痛かったですね。

2019/07/03(水)ガラケーが使えなくなるって?

 ソフトバンクから「お知らせ」が届きました。再度のお知らせだそうです。封筒を見ると「お客様がご利用中の携帯電話は 2019 年 11 月末日をもって、一部機能がご利用いただけなくなります」とあります。

 どれどれ、中身を開いてみると、セキュリティー仕様が新しくなるそうです。「インターネット通信におけるセキュリティ強化」のためなんだとか。それに伴い今まで使えていた機能の一部が制約されます。どんな機能かというと…

 【地図などの位置情報の取得】 GPS 機能を使ったサービスが使えなくなります。私のガラケーには GPS 機能はないから、これは関係なさそうです。よく調べれば GPS があるのかもしれないけど、使ってないから元々ないのと同じです。

 【一部 Web サイトの閲覧】 「https://」からはじまる Web サイトの閲覧ができなくなります。Google や Yahoo! など最近の大手サイトはほとんど https だから、ローカルなサイト以外は見られません。個人的にはガラケーでネットは見ないから関係なさそうです。パケ放題みたいな契約もしてないしね。

 そのほかに、電池切れや USIM カードの抜き差しで再起動すると制約を受ける機能があります。「ネットワーク自動調整を行います」という画面表示が出て、それ以降は使えなくなるそうです。USIM カードを抜き差しすることはないけど、電池切れで再起動することはありそうです。こちらの機能は全部で4つ。

 【ワンセグ】 この機能はついてないから関係ないですね。仮についてたとしもケータイでテレビ番組は見ないし…

 【時計の自動調整】 この機能はついてるみたいですが、使ったことはないからこれも関係なしです。パケット料金が発生する使い方はしないことにしています。

 【Eメールアドレスを利用したメールの送受信】 キャリア提供のアドレス(xx.@softbank.ne.jp)も使えなくなります。ソフトバンクからの「請求確定のお知らせ」なんかも届かなくなるんですかね。最近は SMS ばかりでキャリアの S! メールを使うことはなくなりました。ひょっとすると SMS で「お知らせ」を送ってくるかも…

 【カメラ】 この機能が使えなくなると困る人は大勢いそうですが、ケータイで写真を撮ることはまずないから、個人的にはノープロブレムです。(カメラ機能が付いてることすら念頭にない)

 なーんか、ほとんど使っていないか元々ついてない機能ばかりです。せっかく「事務手数料 3,000 円引」のクーポンを付けてくれたけど、スマホへの乗り換えはパスですね。ケータイはあくまで電話です。通話機能さえあればそれで十分。そのうえに SMS が使えたらもう御の字です。

2019/06/25(火)古い不動産の名義変更は大変 5

 今月初めに伯母さんちへ行って、私の母親は「姉が生きて住んでいるうちは弟の名義にするのは反対」と言っている、と伝えてあります。わからずやの叔父も同席してました。母親あての書類を送るとか言ってましたが、ちっとも送ってきませんね。問い合わせ先が弁護士事務所になってるとかいう書類です。

 送ってきたら、その弁護士事務所に問い合わせてみるつもりでしたが、よく考えたら送ってくるはずがないわね。遺産分割協議が成立する前に作った書類なんて、ただの紙切れです。いや、紙切れというよりは、間違ったやり方で事を進めようとした証拠の品です。そんな書類を弁護士事務所が送らせるわけがありません。

 この弁護士事務所は、税金のことにはあまり詳しくないみたいです。母親の実家は 50 年以上前に祖父が亡くなってから、代襲相続人が次々増えて、現在十名以上の共有物となっています。仮に誰かの名義に変更できたとして、その土地を売却した時に譲渡所得税と住民税が掛からないのは、いま住んでいる伯母さんだけです。マイホームだからね。

 将来、重度の介護が必要になって施設に移ったとき、引越してから3年以内に売却すれば 3,000 万円までは非課税です。叔父の名義だと約 20% 課税されます。弁護士事務所からこのあたりの説明は伯母さんにはなかったそうです。常識的に数百万円の差が出るのに説明しないのは、たぶん知らないからでしょう。弁護士は税理士じゃないからね。

 伯母さんが自分の名義にしたくないのは、家の補修など後々の面倒をみたくないからだと言います。弟の名義なら弟がするだろう、といった単純な発想です。譲渡所得税の話をしても、「数百万円の話か…」といった反応。独身貴族でしっかり貯めこんでるんでしょうね。

 おいおい、そんなに大金持ちなら、代償金を用意して相続人全員に分配してあげてよ。母親はたぶん受け取らないけど、喜んで受け取る人のほうが多いと思うよ。このやり方なら金銭でもめることはないしね。

 ただし、末っ子の弟の名義にする話になると、税金の問題が発生します。叔父はそんなお金は持ってないから伯母さんから借りる形になります。そうでないと贈与税の対象になります。仮に借りた形にして贈与税を回避したとしても、伯母さんが亡くなったときに相続財産(債権)として扱われます。10 人以上の相続人に債権の相続権が移ります。

 返す気がなければ、遡って贈与税が掛かります。贈与税の時効は贈与が発生した翌年の3月 16 日から7年です。九十の伯母さんが百まで生きてくれればいいけど、こればかりは保証はありません。先に叔父さんが死ぬかもしれないし…

 やはりこの家は伯母さんの名義にするしか道はなさそうです。伯母さんが生きてる間に弟に譲りたければ贈与すればいいけど、叔父に贈与税が掛かります。この人、そんなお金はないから、私が言うように遺言書を書いてもらって相続するしかないでしょう。相続人はいっぱいいるから相続税は非課税です。
OK キャンセル 確認 その他