2020/09/13(日)LANの謎、桶屋は儲からなかった

 無事復活して喜んでいた自作 IP カメラが、10 日ほどでまた映らなくなりました。NVR の検索では全くヒットしないし、PC のブラウザからもアクセスできません。

 IP アドレスは変わっていないみたいです。arp コマンドの一覧にちゃんと表示されていて、ping コマンドも通ります。ただし、反応時間に乱れが見受けられます。たまにオール 2ms のときもあるけど、ほとんどが 2ms~8ms とバラバラです。かなり不安定のようです。

 LAN 接続機器を一覧表示するアプリ TWSMNP で見ると、確かに同一 LAN 上に存在しているのがわかります。状態が「軽症」「正常」「保護」と変わるので、どこかに問題があることは間違いないでしょう。

 念のためにルーターの再起動や LAN ケーブルとハブの入れ替え、PoE モジュールの交換など、定番の作業は一通り試してみました。いずれも改善にはつながりませんでした。他の NVR でも試してみましたが、検索結果に反映されません。カメラモジュールに原因があるようです。

自作の IP カメラ
[レンズ基部のモジュールが不安定?]

 仮にもう一度復活したとしても、設置した後でまたトラブルを起こしたら取外すだけで大変です。安定動作が命の防犯カメラに使うのは、やめたほうがよさそうです。とりあえずこのカメラモジュールは外すことにしました。SONY の CMOS 使用といっても中国製の格安モジュールです。(でも千数百円の損失は痛いなぁ)

 風が吹くと桶屋が儲かる…と言います。一旦は復活して儲かったように見えても、最終的には儲からなかったみたいです。風は吹いたんだけどね。
OK キャンセル 確認 その他